〈2023.05〉DM-AK006

DM-AK006

どの角度から見ても美しい
木の表情豊かな曲木の椅子


高名な椅子であっても
自分にとっての「良いもの」であるとは限らない。
手入れをして大切に使ううちに
自分の身体や生活に馴染み、
毎日のパートナーのように感じられる道具。
そんな椅子に出会えたら、
それが最良かもしれません。

ハンス・J・ウェグナーの名作Yチェアにも見られるY字型のパーツや、足やお尻の位置を考えて削られた座面など、“人が座る”ことを考慮して作られた椅子。木製ながら、長時間座ったままの姿勢でも身体が痛くなりにくい設計です。アームにかけて湾曲した後脚や、アームと背もたれがひと続きになったパーツは、秋田木工による伝統の曲木工法で仕上げられています。丁寧な研磨による滑らかな触り心地で、木目の表情が豊かに表れています。アームは持ち上げる時に掴みやすく、腰掛けた時に肘が置きやすい。全体のフォルムはもちろん細部の造りまで、どの角度から見ても美しい無垢材の一脚です。

ともに暮らし、時間を重ねていく
一生物の道具と出会えますように。