〈2022.08〉DC10

薄く、細くて、軽い、尚且つ堅牢な
彫刻作品のような美しい一脚


高名な椅子であっても
自分にとっての「良いもの」であるとは限らない。
手入れをして大切に使ううちに
自分の身体や生活に馴染み、
毎日のパートナーのように感じられる道具。
そんな椅子に出会えたら、
それが最良かもしれません。

薄く、細く削り出された背と座の滑らかな曲線。パンと張られた座面の生地。ぴったりと接合された各パーツは、それぞれに木目の個性が表れています。イタリアのデザインデュオ・Inoda+Svejeと宮崎椅子製作所によるアームチェア。 まるで彫刻作品のような美しい佇まいの一脚です。片手でスッと持ち上げられるほど非常に軽く、スムーズな移動が可能。尚且つ、椅子としての耐久性もしっかりと備わっています。お部屋のいろんな場所に連れていって、座って過ごす時間の良き相棒に。


ともに暮らし、時間を重ねていく
一生物の道具と出会えますように。