〈2022.01〉UU chair

滑らかに削り出された美しい二重アーチ
心地よさの工夫が散りばめられた一脚


高名な椅子であっても
自分にとっての「良いもの」であるとは限らない。
手入れをして大切に使ううちに
自分の身体や生活に馴染み、
毎日のパートナーのように感じられる道具。
そんな椅子に出会えたら、
それが最良かもしれません。

二つの「U」が重なり、ボリュームを持たせた背もたれ。角度を付けて斜めに削る高度な加工により生まれる、美しく滑らかなアーチが印象的です。背に添うようにカットされた断面がやさしく体を受け止めてくれます。スベスベとした木の質感はずっと触れていたくなるような心地よさ。無垢材のフレームは、フィンガージョイントという接合技術でしっかりと組まれており、椅子としての耐久性もしっかりと備わっています。シンプルな構成でありながら、「美しさ」と「心地よさ」に繋がる工夫が随所に施された一脚です。


ともに暮らし、時間を重ねていく
一生物の道具と出会えますように。