〈2021.11〉No.42

No.42

どの角度から見ても美しい
北欧の名作チェアの復刻モデル


高名な椅子であっても
自分にとっての「良いもの」であるとは限らない。
手入れをして大切に使ううちに
自分の身体や生活に馴染み、
毎日のパートナーのように感じられる道具。
そんな椅子に出会えたら、
それが最良かもしれません。

デンマークのデザイナー、カイ・クリスチャンセンの代表作の復刻モデル。角度によって印象が異なり、どの方向から見ても美しい佇まいの椅子です。わずかに可動する布張りの背もたれは、グッと後ろに凭れた時に、身体をやさしく受け止めてくれます。少し広めに設計された座面は、耐久性と弾力を備えた仕上がりに。読書する時など、長く椅子に座って過ごす時にもぴったりの一脚です。エッジの効いた肘掛は、セミアームながらしっかりと腕の置き場所となってくれる造りに。腕をのせた時もダランとさせた時も窮屈にならず、抜群のフィット感です。

ともに暮らし、時間を重ねていく
一生物の道具と出会えますように。