招福鯛 豆皿

¥1,650

税込み

家族の健康や成長を願って。
友人や大切な人の幸福を願って。
贈り物にもおすすめな、愛嬌たっぷりの豆皿です。


「家運やご縁が“右肩あがり”になる」と言われている「右向きの鯛」の形をした有田焼の豆皿。丸や麻など淡い青色の紋様は、一枚一枚全て手書きで仕上げられており、縁むすび、金運、仕事運、お子さまの成長など、使う人の幸せを願う職人の想いが込められています。


この豆皿をつくる「梶謙製磁社」は、江戸時代から続く有田焼きの老舗窯元です。佐賀県有田の谷あいの集落の中で、女性職人が中心となって作陶活動を行っています。


焼き物づくりにとって欠かせない、伝統の価値ある「型」を数千点所蔵し、江戸中期から明治末期の「木の型」を、現在も一部の焼き物に使用しています。その数ある「型」の中でも縁起が良さと、ほのぼのとした愛らしさのあるものが「右向き鯛」の型です。その歴史ある「型」を使い、窯元で築き上げられた技術と有田焼きの伝統、そして作り手の想いと願いが込められたお皿が生み出されています。


「福」を招く願いの込められたお皿は贈答用としてもオススメです。
また、おもてなしの一皿としての使用の他、お漬物やおひたしなどのお料理の付け合わせ用として、普段使いもしやすいお皿です。


サイズ:85×65×25mm

紋 様:
丸文 … “円=縁”で縁結びを願うものとして使われています
紗綾形文 … 長寿を願う文様として使われています

麻の葉文 … 麻の成長の早さから安産を願うものとして使われています

関連商品

最近チェックした商品