INTERIOR SHOP momotose

(志津刃物製作所)関 包丁 ゆり(三徳)

野菜やお肉、お魚も、小さな力で綺麗にスッと切れる。切れ味の良い包丁が一つあると、お料理もスムーズに捗ります。

 

日本で昔から使われてきた包丁を、現代のスタイルに合わせてシンプルに使いやすく作られた包丁シリーズ。ブレードはステンレスと鋼を組み合わせた三層鋼。両側はサビにくいステンレス、芯材は切れ味が長続きするモリブデンバナジウムステンレス鋼を使用しています。



ハンドルとブレードの間には水の侵入を防ぐための口金が付けられており、水にも強く長く使い続けられます。また、限りなく薄く仕上げられたブレードは食材の抵抗を抑え、従来の包丁よりも軽い力で切ることができます。

 

刃物の産地・岐阜県関市で、1959年に創業した「志津刃物製作所」。所在地である関市の刃物は、鎌倉時代に日本刀の産地として栄え、鎌倉時代の刀匠・志津三郎にあやかり現在の社名が付けられました。「おれず、曲がらず、よく切れる」と言われる関の刃。そうした地場産品の魅力と伝統を受け継ぎ、現代の暮らしでも取り入れやすい製品を製造しています。


サイズ:全長300㎜ 刃渡り190㎜
仕 様:両刃
重 量:90g
材 質:ブレード…三層鋼ハイカーボンモリブデンバナジウム(芯材)/ハンドル…積層強化木


 

7,700(税込)