INTERIOR SHOP momotose

(藤総製陶所)至高急須

いつものお茶を、もっと美味しく。お茶の香りを引き立て、美味しく戴く為に考案された、まさに”至高”の急須です。急須本体に一つ一つ手作業で開けられた100個ほどの茶こし穴。金属やプラスチック製の茶こしを使用せず、お茶の風味に影響を与えることがありません。職人の技が生み出す極上の味を、ぜひご自宅で。



お茶の香りを引き立て、美味しいお茶を頂くために考案された萬古焼の急須。手がけた藤総製陶所は、明治期から続く萬古焼の歴史ある窯元です。お茶の味わいを追求した形状や茶漉しの穴など、繊細な職人技が細部まで施された、この上ない急須です。


紫泥急須や土鍋を代表とする「四日市萬古焼」。江戸時代元文年間に、桑名の商人・沼波弄山が現在の三重群朝日町小向で茶器を焼き始めたのが「萬古焼」のはじまりです。


変わらずに永遠に残っていくようにと「萬古」や「萬古不易」の印を作品に押した事が名前の由来。現在では、四日市市の菰野町を中心に100以上もの窯元があります。また、昭和54年には通商産業大臣指定の伝統工芸品に指定されています。

 


 

極上の味を生み出す5つの職人技
 

茶漉し穴

職人の手作業で施す100個近い穴。金属やプラスチックを使用しないので、お茶の風味が壊れません。
 

注ぎ口

茶漉し穴から注ぎ口に向かって窪み、V字型にすることで最後の一滴まで残さず水切れのよい仕上がりです。
 

形状

茶葉が急須の中で対流する丸みを帯びた形状。ゆっくりと茶葉が開き、お茶本来の旨味が引き出されます。


フタのきざみ

縁にギザギザの刻みを付けたことで隙間から空気が入り、お茶が注ぎやすくなっています。
 

内側の仕上げ

ガラス質の釉薬が本体内側にかけられ、茶渋の付きにくい滑らかな仕上がり。広口のためお手入れも簡単。



サイズ(重量):
至高急須(大)幅 約12cm×口径約10cm×高さ約11cm(約450g)
至高急須(小)幅 約11cm×口径約8cm×高さ約9.5cm(約300g)

内容量:大 420cc / 小 280cc

材 質:陶器,硅砂,釉薬,水溶性セラミック


 

サイズ

4,950(税込)